<稲庭そば>半世紀ぶりに復活 秋田(毎日新聞)

 伝統産業の稲庭うどんの里で、ライバル食のそばが作られていた−−。

 湯沢市小野の国道13号沿いにある道の駅おがち「小町の郷(さと)」で24、25の両日、「復刻稲庭蕎麦御膳(そばごぜん)」が1日40食限定で提供される。

 稲庭うどんの老舗、佐藤養悦本舗(湯沢市稲庭町)の佐藤信光さん(43)によると、稲庭そばは同社などが1955年ごろから約5年間製造。だが稲庭うどんが全国ブランドとして確立し、その余波で姿を消したとみられる。

 復刻そばは、佐藤さんと道の駅の石山洋・厨房(ちゅうぼう)主任(42)が「新たなメニューを作ろう」と意気投合。古い資料を参考に、約3カ月の試行錯誤の末開発した。そば粉のつなぎとして、国内最高級品とされる北海道産小麦粉「春よこい」を使用したこだわりの一品だ。

 石山さんは「現代風にアレンジし、食感的にきめ細かく、のど越しがいい。反応がよければ継続して提供することも考えたい」と話した。

 御膳は特産の山菜をふんだんに使った炊き込みご飯とてんぷら、小鉢、みそ汁のセット。1100円。問い合わせは同道の駅(0183・52・5500)。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
<関連写真>秋田県の郷土料理「稲庭うどん」
<関連写真>岩手県の郷土料理「わんこそば」
<関連写真>福井県の郷土料理「越前おろしそば」
<関連写真>島根県の郷土料理「出雲そば」

東京マラソンを法人化 石原知事が発表 出場枠のオークションも可能に(産経新聞)
里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)
宇宙からアサガオの“種”帰還 山崎さんに日比野さん、託す(産経新聞)
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況−公安調査庁(時事通信)
「私もぼやぼやしていられない」と自民・谷垣総裁(産経新聞)
[PR]
by bbqj188ejz | 2010-04-25 01:32


<< 「県外」は努力したい思い 首相... 夫、刺され重傷「別れ話で…」 ... >>