「県外」は努力したい思い 首相 普天間発言で反論(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は6日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり「最低でも県外」としていた自身の発言について、「努力をしたいという思いで今日まで行動してきた。場当たりな発言は一切していない」と反論した。首相公邸前で記者団に答えた。

 その上で「『沖縄の負担軽減のための米軍再編見直しを行いたい』というのが公約だ」と述べ、飛行場の県内移設は公約違反ではないとの考えを重ねて強調した。

 首相は、5日に平野博文官房長官と公邸で約2時間にわたって今後の対応を協議。5月末の決着に向けて、県内移設で地元の理解を得るよう引き続き努力する方針を確認している。

 首相は野党時代、民主党代表として「最低でも県外の方向で積極的に行動したい」と繰り返しアピールしていたが、4日の沖縄県訪問の際には、「海外という話もなかったわけではないが、すべてを県外というのは難しい」と撤回した。

 これに対し、稲嶺進名護市長らが県内移設を拒否する考えを首相に表明した。

 政府は移設先を日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)とする現行案を修正し、徳之島へのヘリ部隊の一部移転を組み合わせる案を固めている。首相は7日に鹿児島・徳之島の3町長と会談する予定だが、3町長とも移転反対を表明する方針だ。

<掘り出しニュース>愛知・豊橋市に外国人初の正規職員、日系3世・仲宗根さん「早く一人前に」(毎日新聞)
野口さんが宇宙授業=子供ら6人に−筑波センター(時事通信)
電動自転車 CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)
物置に女性遺体、遺棄容疑で前夫を逮捕(読売新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
[PR]
by bbqj188ejz | 2010-05-12 13:52


<< 会話優しく中身は厳しい…船橋市... <稲庭そば>半世紀ぶりに復活 ... >>