普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府内から同県名護市の辺野古案(現行案)に否定的な見方が出ていることについて、「いろんな考え方は今の過程ではありうる。ただ、検討委員会をつくって議論している。名護市長選の一つの民意は大事にしながら、ゼロベースでやると決めた。われわれの検討状況を冷静に見守っていただきたい」と述べた。

 また、候補地として徳之島(鹿児島県)が浮上しているとの一部報道について、「色々なものが検討される可能性がある。否定するつもりはないが、すべてが今、ゼロベースでやっている。どこが入ってどこが入ってないという議論ではない」と述べた。

【関連記事】
普天間問題 政府・与党が再び迷走 官房長官発言で右往左往
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判
首相、改めて普天間「ゼロベース」強調 官房長官発言撤回には触れず
「米政府の立場は変わらない」 普天間問題で米国務次官補

教諭が生徒を軟禁暴行=修学旅行中、2人大けが−「禁止行為」とがめ・法政高(時事通信)
無職男、窃盗容疑で再逮捕へ=千葉大生殺害も視野−千葉県警(時事通信)
保育所定員5年で25万人増、閣議決定へ(読売新聞)
ブログ市長、庁舎内撮影禁止を一方的通告(スポーツ報知)
<賠償訴訟>被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決(毎日新聞)
[PR]
by bbqj188ejz | 2010-01-29 13:41


<< JR大阪駅 国内初 ホーム覆う... ヤフー 売り上げ、利益とも過去... >>