首里城花まつり 9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)

 那覇市の首里城を約9万鉢の花々で彩る「首里城花まつり」が開かれ、観光客を楽しませている。

 正門「歓会門(かんかいもん)」から、王が住み、公の儀式を執り行う場でもあった正殿(せいでん)前の「御庭(うなー)」を、マリーゴールドやサルビア、パンジーなど7種類の鉢植えが飾る。朱塗りの首里城に白や黄色、紫、ピンクなど鮮やかな花々が咲き誇っている。

 28日まで。日没から午前0時までライトアップも。入場は午前8〜午後7時(有料の正殿は午前8時半〜午後6時半)。【三森輝久】

<訃報>長亨さん95歳=元東洋エンジニアリング副会長(毎日新聞)
郵政改革の素案、来週初に=亀井担当相(時事通信)
<長崎知事選>最多7人立候補(毎日新聞)
偽装献金でも首相辞任は「求めない」66.6%(産経新聞)
県アルバイト職員を逮捕=8000万円詐取か−兵庫県警(時事通信)
[PR]
by bbqj188ejz | 2010-02-12 17:06


<< 殺人 3人刺され女性2人死亡、... 「個人資産」の主張切り崩せず…... >>