太っていなくても糖尿病 製薬会社調査 3人に1人が油断(産経新聞)

 日本人は太っていなくても糖尿病になる可能性が高いが、40〜60代男女の3人に1人が「太っていないので糖尿病にはならない」と油断していることが製薬会社大手「ノボ ノルディスク ファーマ」の意識調査で明らかになった。

 調査は平成21年12月上旬、40〜60代の男女計1200人にインターネットで実施。その結果、太っていなくても糖尿病になる可能性が高いにもかかわらず、「太っている人が糖尿病になりやすいと思う」と回答した人は49・7%を占めた。

 また、太っていない人の36・3%が「自分が将来、糖尿病になる可能性がない」と回答。日本人は欧米人と比べて糖尿病になりやすい体質であることを「知らない」と答えた人は61・3%に上った。

 普段の生活を振り返ってもらったところ、糖尿病発症の可能性がある生活習慣のうち、最も多かった回答(複数回答)は「運動量が少ない」で68・1%。「甘いものをよく食べる」「ストレスを感じることが多い」「アルコールをよく飲む」「標準よりカロリーが多い食事をする」などが続いた。

 朝日生命成人病研究所の大西由希子治験部長は「日本人に多い2型糖尿病患者の6割は太っていない。日本人は欧米人と比べて血糖値を下げるインスリン分泌能力が低いため、太っていなくても糖尿病になりやすく注意が必要だ」と指摘している。

高木美帆選手 姉の菜那選手が世界ジュニア代表に(毎日新聞)
「5億円送金しろ…」浜崎あゆみさん宅に脅迫文(読売新聞)
外国人の地方選挙権、首相が慎重姿勢(読売新聞)
計画書作成せず手術実施=山本病院患者死亡−奈良県警(時事通信)
小沢幹事長の公開資産「今回も預貯金ゼロ」(読売新聞)
[PR]
# by bbqj188ejz | 2010-02-16 16:46

<人事院>公務員合格者のアドレスが流出(毎日新聞)

 人事院は9日、08年と09年の国家公務員採用1種試験に合格した321人分のメールアドレスが流出したと発表した。合格後に各府省への採用希望を提出していなかった322人に希望の有無を確認するメールを送信する際、アドレスを他の受信者には見えない「BCC(ブラインド・カーボン・コピー)」ではなく、全員分が見える「宛先(あてさき)」欄に入力したという。

 1人分についてはアドレスの表記を間違え、試験を受けていない別の人に送信された。アドレスの流出を知ったこの人が人事院に連絡し、問題が発覚した。【石川貴教】

「小沢氏から2度入党要請」田村参院議員(読売新聞)
<外交機密費>「精査すべきだ」上納問題で福島担当相(毎日新聞)
雑記帳 赤ヘルファン注目、球場のお宝売り出しへ 広島市(毎日新聞)
<人事院>公務員合格者のアドレスが流出(毎日新聞)
米の防衛義務、竹島には「生じない」 政府答弁書(産経新聞)
[PR]
# by bbqj188ejz | 2010-02-15 15:40

殺人 3人刺され女性2人死亡、少年?逃走…宮城・石巻(毎日新聞)

 10日午前6時50分ごろ、宮城県石巻市清水町1の民家で、訪ねてきた知人の男が、男性1人、女性2人を包丁のような刃物で刺し、逃走した。女性2人が死亡し、男性はけがをした。県警石巻署によると、男は少年とみられ、殺人事件として行方を追っている。【伊藤絵理子】

【関連ニュース】
<少年事件>高1男子、近所の一家6人を殺傷、3人が死亡 大分(00年8月14日夕刊)
<少年事件>殺人未遂容疑:仙台育英高の留学生逮捕 生徒刺す
<少年事件>仙台育英高の男子生徒殺人未遂:容疑で18歳少年逮捕 通報遅れを釈明
<少年事件>光市の母子殺害容疑で、18歳会社員を逮捕(99年4月19日掲載)
<少年事件>光母子殺害事件、元少年に死刑判決(08年4月)

<民主党>自衛隊票に触手 関係者の擁立模索(毎日新聞)
訃報 立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)
離婚しても親は親 子供を「共同養育」(産経新聞)
ハイチPKOが出発へ=陸自部隊、8日に現地入り(時事通信)
首相動静(2月12日)(時事通信)
[PR]
# by bbqj188ejz | 2010-02-14 02:09

首里城花まつり 9万鉢の“春”に包まれ 那覇(毎日新聞)

 那覇市の首里城を約9万鉢の花々で彩る「首里城花まつり」が開かれ、観光客を楽しませている。

 正門「歓会門(かんかいもん)」から、王が住み、公の儀式を執り行う場でもあった正殿(せいでん)前の「御庭(うなー)」を、マリーゴールドやサルビア、パンジーなど7種類の鉢植えが飾る。朱塗りの首里城に白や黄色、紫、ピンクなど鮮やかな花々が咲き誇っている。

 28日まで。日没から午前0時までライトアップも。入場は午前8〜午後7時(有料の正殿は午前8時半〜午後6時半)。【三森輝久】

<訃報>長亨さん95歳=元東洋エンジニアリング副会長(毎日新聞)
郵政改革の素案、来週初に=亀井担当相(時事通信)
<長崎知事選>最多7人立候補(毎日新聞)
偽装献金でも首相辞任は「求めない」66.6%(産経新聞)
県アルバイト職員を逮捕=8000万円詐取か−兵庫県警(時事通信)
[PR]
# by bbqj188ejz | 2010-02-12 17:06

「個人資産」の主張切り崩せず…陸山会事件(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、検察当局は3日、小沢氏の立件を見送る方針を固めた。同会の元事務担当者の石川知裕衆院議員(36)から、政治資金収支報告書の虚偽記入容疑について小沢氏の関与を認める供述を得ながら、検察当局はなぜ、刑事責任追及に至らなかったのか。

 2004年分の陸山会の政治資金収支報告書に、土地代金に充てた4億円の収入を記載しない方針を、土地購入前に小沢氏に報告し、了承を得た――。

 石川容疑者は、昨年末からの任意の事情聴取では小沢氏の関与を否定していたものの、1月15日に同法違反容疑で逮捕された後、関与を認める供述を始めた。この供述は調書化され、小沢氏の刑事責任を追及できるかどうかが、捜査の最大の焦点となった。

 このほかに、小沢氏の関与を裏付ける「状況証拠」があるとの見方もあった。土地代金が支払われた同じ日の04年10月29日、同会は4億円の定期預金を担保に小沢氏名義で融資を受けていた。これは、4億円という多額の簿外資金で不動産を購入したことを隠す目的だった疑いがあり、石川容疑者も「偽装工作だった」と特捜部の調べに認めた。融資の関係書類には、小沢氏本人が署名していた。

 検察内部では、「共謀を裏付けるには十分。逆に起訴できなかったら『捜査当局として何をやっているんだ』という話になる」と、小沢氏の刑事責任の追及に積極的な声が聞かれた。

 その一方で、小沢氏の立件に消極的な意見も根強かった。複数の幹部は、ポイントとなった石川容疑者の供述について、小沢氏からの積極的な指示がないことや、了承の細かい場面がないなどとして、「小沢氏との共謀成立は難しい」との意見を維持していた。こうした消極派は、捜査現場の東京地検ではなく、東京高検や最高検に多かった。

 さらに、小沢氏の刑事責任追及の壁となったのが、土地代金の原資の解明が思うように進まなかったことだ。特捜部は、中堅ゼネコン「水谷建設」の元幹部らが土地購入のあった04年10月、石川容疑者に5000万円の資金提供をしたと供述したことから、土地代金の原資4億円に、ゼネコンからのヤミ献金が含まれているとの見方を強めた。

 水谷建設の元幹部らは、この資金提供について、国土交通省発注の胆沢ダム(岩手県)の工事受注の謝礼だったとも供述。同ダム工事では、小沢事務所が受注業者の選定に影響力を持っていたとされた。特捜部は応援検事も動員して、同ダムの工事を受注した他のゼネコンの担当者からも集中的に事情聴取を行い、資金提供がなかったかどうか調べを進めた。

 しかし、石川容疑者は、水谷建設側からの資金受領を最後まで否定。他のゼネコンからも資金提供の供述は得られなかった。結局、土地代金の原資については、小沢氏側の「個人資産」との主張を切り崩すことはできなかった。

 ある検察幹部は、「10人中9人は有罪を出すかもしれない。しかし、10年後、裁判で万が一無罪が出た時に取り返しがつかない」と本音を漏らした。また別の検察幹部は、「政治家と秘書という『内輪の関係』を崩していくのは難しかった」と振り返った。(社会部 藤田敬太)

<山岡国対委員長>石川議員の辞職勧告「採決せず」(毎日新聞)
訃報 チカップ美恵子さん61歳=アイヌ民族地位確立訴え(毎日新聞)
「是レヲ果タスベシ」吉田松陰の書状新発見(読売新聞)
衆院選無効訴訟で請求棄却=比例区票の価値「平等」−東京高裁(時事通信)
もうすぐバレンタインデー 「デコチョコ」が熱い (産経新聞)
[PR]
# by bbqj188ejz | 2010-02-11 14:03